まかないつき・ワンコ下宿日記

保護ワンコの預かり日記です

イリー

ゆめちゃん・イリーちゃん、雪の共演

昨日の雪、ものすごかったですね。
おばちゃん地方は積雪20センチとニュースで言っていましたが、そんなものではありませんでした。 我が家で一番雪深いところは50センチ以上はあったと思いますよ。

そんな雪のなか、ゆめちゃんもイリーちゃんも無事にお散歩にいけたみたいです。
まずは昨夜のゆめちゃ~ん。

ゆめこ_180123_0186
雪がかなりお気に召したみたいで、帰ってからも「もっとお外行こうよ~」とばかりに、窓のそばでお座りをしてパパさんとママさんのお顔を交互に見ていたそうです。

そしてイリーちゃん。
雪の日T
昨夜も今朝も雪の中、おトイレは無事にできたそうですが、昨夜は雪に喜んだ若者の「ぎぃゃーぁぁーーー。」という奇声にビックリ仰天、一目散にお家に逃げ帰ったそうです。
そして今朝は、雪かき、車のチェーン、雪が屋根から落ちる音、いつもとは違う音にビクビク・・・イリーちゃんらしいですね。

ゆめちゃんは今朝は大丈夫だったかなぁ・・・。

実は、ハッピーは雪が屋根から落ちる音にパニックになるワンコで、雷以上に破壊行動が酷かったのです。 ある時は、本がぎっしりと詰まった書棚を部屋の中央まで動かして、引き出しを引っ張りだして、書棚に牙の跡までつけました。 15キロの彼にどうしたらそんなことができたのか、いまだに不思議です。 (牙の跡は、今となってはかけがえのない宝物になりました)

それと奇声・・・殆どのワンコは苦手ですよね。 やめてほしいです、本当に(願)

イリーちゃん便り・ベッドさん

イリーちゃんに大きな進展がありました
***************

木曜日に家に業者が入りました。 イリーはケージに入れておいたのですが、何か怖い思いをしたのでしょうか、それ以降ケージに引きこもらないようになりました。 全く入らないわけではありませんが、外にいる時間の方が長いです。

テーブル近くの窓の下にいることが多かったので、近くにベッドを置いたら、昨日からベッドに座ったり、寝そべったりしています。

ベッド(1)T
可愛いそうな思いをさせてしまって申し訳なかったと思う反面、思う存分撫でたりできるので楽しんでいます。 イリーも私が撫でているうちに眠ってしまったり、長いヘソ天をしてくれたりするので、嫌ではないようです。 もうベッドもカジカジしてます()

ベッド(2)T
でも以前購入した、丈夫そうなベッドが昨日届いたので大丈夫です。

***************
嫌どころか、寝るまで撫でていただけるなんて、イリーちゃん、よかったね~。 本当は人恋しくて甘ったれのイリーちゃん、自分だけを見てくれて可愛がってくれる、そういうおうちで生活がしたかったんだよね。 やっと夢がかなったね

新しいベッド、「カバーを外して洗えます!」に思わず笑いが。 ママさん、グッジョ~ブ! 

ベッド(3)T
イリーちゃん、やられちゃったね。 かなり丈夫そうです。 しかもこれだったらカジカジしてもカバー交換で対応できるものね。 さすが、人類の英知でございます。 イリーちゃん、参ったか(笑)!


イリーちゃん便り・ヘソ天

イリーちゃんのヘソ天写真が届きました

ヘソ天T
おばちゃん的にはブレるほど動かしている前脚がツボです。

ところで、イリーちゃんのおにいちゃま愛が止まらないそうです(笑)
***************

イリーの息子大好き度はどんどん増してきて、私の呼びかけでケージから出てきてもリビングルームに息子がいれば視線は息子、そのまま息子のところに直行です。 息子がいない時も、イリーの視線は明らかに息子を探しています。(えっ、私が呼んだのに?)と思うこともしばしばです(笑)

***************
ママさん、そのうちにトイレまでついていくようになると思いますよ

イリーちゃん便り・1週間

1週間たちました。 ゆっくりゆっくりですが、イリーちゃん、着実に慣れてきていますよ。

ケージ(1)T
真面目で一生懸命、でも、おせじにも要領がいいとは言えないイリーちゃんらしいです。
こちらは一昨日ママさんからいただいたお便りです。

***************
昨日から ( 相手が私でも ) 散歩の時は自分でケージから出てくるようになりました。 強制的に出さなくてもいいので、気分がかなり楽です。
ウンチは今のところ一日おきです。 昨日は出なかったので今日こそは!!
今朝はご飯も私が近くにいてもケージから出て来て食べることができました。
ほとんどケージの中で過ごしていますが、たまに誘うとケージから出てまた入るのを繰り返しています。 でもやっぱり私と息子ではイリーのテンションが違うんですよね。 相手が息子だと鼻声だして喜んでいます。
***************
ケージの外にいる時間も少しですがのびたそうです。 そしてですね、おにいちゃまに呼ばれるとケージから出てヘソ天して甘えるそうですよ。 やるな、イリーちゃん

イリーちゃん便り・喜びの舞出た~!

イリーちゃん、着実にご家族に慣れてきています。
IMG_0270T
画像は尻尾ブンブンで、手からご飯を食べさせていただくイリーちゃん、以下はママさんからのお便りです。
***************

また少しイリーに変化がありました。

昨夜、息子が「イリーおいで、遊ぼう!」と誘うと、ケージから出て息子の所へ行き、またすぐケージに戻るというのを20回くらい続けてました。 遊ぶことはできませんでしたが、ケージから出てくるたびに息子の手を舐めたりしてました。  私も近くにいて声をかけてみたのですが、来てくれませんでした(涙)

その後の散歩も息子が「イリー散歩だよ。」と声をかけると自分からケージを出て、大人しくリードをつけさせていました。 息子が風邪気味だったので、実際の散歩は私が行ったのですが、なんとなくイリーのテンションが下がったような(笑)

 

そして今朝、私がイリーのケージを開けて「イリちゃん、おはよう〜、お散歩だよ〜、おいで〜。」と声をかけたら、何とケージから出て喜びの舞を披露してくれました。 そのままリードもつけさせてくれました。

 

今のイリーにとっては、いっぱいいっぱいだったのでしょうね。 散歩の後はケージに走って戻り、ご飯も私の前では食べられませんでした。 (ケージの前においておいたら、ひっそりと食べてました。)  イリーなりに頑張っているんだなと思うと嬉しいです。
***************

イリーちゃんの様子が目に浮かびます。 うちに来た頃も、バリケンと私の間を何度も行ったり来たりした頃がありました。 もう喜びの舞が出たなんて、すごいではないですか。 イリーちゃん、緊張や怖い以外の感情が出せるようになったのですね。 うれしいです。 
今にしつこい位「撫でて~!」とヘソ天をしたり、「遊んで~!」とぺチぺチと叩いて催促するようになると思いますので、今のうちに初々しいイリーちゃんを楽しんで(?)下さいね。


ところでママさん、イリーちゃんは年頃の女のコですから、何と言っても若くて素敵な男性に弱いのだと思います。 それは古今東西、仕方のないことかと・・・(笑) しかも息子さんは、イリーちゃんが好きなタイプ、多分ドストライクだと思いますよ

イリーちゃん便り・ヘソ天しちゃった

3日目のイリーちゃん、キッチンでは緊張してご飯が食べられたかったそうですが、お散歩で進展がありました。 お散歩の前にママさんが準備をなさっていたら、「 まだ行かないの?」 という気配が感じられたそうです。 歩く時もほとんど引っ張らずにママさんの横を歩けたそうです。 前日までは早くおうちに戻ろうとして帰り道の引きが強かったのですが、それほどでもなくなったそうです。
ケージ(1)T
この画像、イリーちゃんのお顔が入口の方を向いています。 体の向きも最初の頃とは変わっていますね。 表情も柔らかくなってきたように見えます。

4日目の夜、おにいちゃまがイリーちゃんにリードを見せて 「 よし、イリー散歩に行くぞ。」 とお声をかけたら自分からケージを出て、なんとヘソ天をしたそうです。 でもすぐにケージに戻ってしまったので、お散歩に行くには、またまた強制的にケージから出さなければならなかったそうですが(笑)

ご飯 T
キッチンでおにいちゃまにご飯を置いていただいたら、尻尾フリフリ、この日はキッチンでも食べられたそうです。 その後ケージに戻りたそうだったので、ケージがあるリビングルームに行かせてあげたそうですが、おにいちゃまが「よし、イリー遊ぼう!」とお声をかけると、また自分からケージから出て、キッチンまで来たそうです。 

イリーちゃん、おにいちゃまのことが好きになってきたみたいですよ
ご家族はイリーちゃんに無理をさせないようにと、イリーちゃんのペースに合わせて下さっています。 その中でも特におにいちゃまが「ビビリっコにはこうした方がいいらしい」と、色々と調べてくださって、優しく接して下さっているそうです。 

昨日は大丈夫だったことが今日はちょっと・・・。 でも今日は他のことが大丈夫になって、明日はもっと大丈夫になって・・・と、こうやって一進一退しながら少しずつ慣れていくのでしょうね。 イリーちゃんがうちに来たときは、おばちゃんはちょっと忙しくて、昼間は殆ど外出していたので、こうやって頑張っているイリーちゃんを見てあげられなかったことが心残りです。 でも、今はご家族がやさしく見守って下さっているね   

実は、「尻尾ブンブン」の感動動画も送っていただいています。 が、、、申し訳ありません、おばちゃんの力不足で加工処理ができません。 そんなわけで、イリーちゃんの尻尾ブンブンは一人占めさせて下さいね。 


イリーちゃん便り・キッチンにて

早くもイリーちゃんに変化が出てきたみたいです

キッチンで(1)T
昨日の朝のお散歩の後、ケージがあるリビングではなく、キッチンでお座りをして (「どすわり」健在です ) 食後はベッドの上で伏せることができたそうです。 
キッチンで(2)T

ママさんと二人だけの時に頭を撫でていただいたらウトウトして、ご家族の皆様が起きていらしても、顔だけ上げて様子を見ていたそうです。 震えたり、逃げたそうな気配も全然なかったそうですよ。

また、ママさんがイリーちゃんとお兄ちゃま、お姉ちゃま(皆様、成人された大人です)をキッチンに残したまま、少し外出されてお帰りになったところ、イリーちゃんがママさんに尻尾を振ったそうです


お昼頃、お兄ちゃまがリードを見せて「イリー、それじゃ散歩に行くか?」とお声をかけたところ、なんとイリーちゃん、自分でケージから出てきたそうです。 でもすぐに ( あれ、私間違えて出ちゃった!) というようにケージに戻ってブルブル震えていたそうですが(笑)

お兄ちゃまとお散歩をしてオシッコも普通のいいウンチもでたそうです。
散歩の後、玄関からケージに走って入り、また引きこもったそうですが(笑)

キッチンで(3)T
まだ3日目なのに、イリーちゃん、すごいね   おばちゃんは安心しましたよ。


イリーちゃん便り・2日目のイリーちゃん

イリーちゃん、相変わらず引き籠り生活を続けているようですが、少しずつ変化が出てきているようです。 ママさんからのお便りの一部をご紹介させていただきます。
********************

イリーは相変わらず引きこもってはいますが、私だけでなく家族とも目を合わせていますので、昨日の(私を見ないで!)というのとは少し違ってきています。

ご飯をケージの外においておいたところ、しばらく時間がかかりましたが、片足はケージ内に残したまま食べていました。 気持ちはケージ引きこもりだけど、食欲に負けたという感じでしょうか(笑)  その後私達がすぐ横で夕食をとりましたが、イリーはたまにこちらを見たり、眠ったりしてました。 私達がうるさくしていても寝られるというのは、また少し進歩したかもしれませんね。
********************
お水をなかなか飲んでくれないイリーちゃんのために水分たっぷりの美味しそうなご飯を作って下さっています。 

夕食T
ターキーのスープだそうです(驚) お肉タップリ、とてもいい匂いがするでしょうし、こんなに美味しそうなご馳走を目にしたら、そりゃあかなわないですね。 ママさん、本当にありがとうございます。

おかげでオシッコは問題なく出ているようです。 イリーちゃん、ありがたいねぇ。 みんな、イリーちゃんのために一生懸命なんだよ~。 イリーちゃん、頑張れ~

イリーちゃんがうちに来た当時のブログを見てみましたら、1週間たってもまだ引き籠っていたみたいです(苦笑)
 

イリーちゃん便り・絶賛お籠り中

イリーちゃん、只今、絶賛お籠り中らしいです。 でも、ご飯はしっかりと完食です

引き籠りT
緊張からでしょうか、お水は殆ど飲んでくれないので、昨日から今朝にかけてオシッコがなかなか出なくてご家族にはとてもご心配をおかけしてしまいました。 でも昨夜遅くに少し、今朝は大量に出て一件落着です。 昨夜は、あの寒風吹きすさぶなか、ご家族には何度もオシッコ散歩に出ていただいて、考えただけで寒くなります。 申し訳ありませんでした。 イリーちゃ~ん、愛だよ、愛! わかっている?

引き籠りは引き籠りですが、今日はママさんと目を合わせることができるようになったそうですよ。 ビビリ~のイリーちゃんですから、時間がかかるかもしれませんが、本来は人間が大好きでいつも一緒にくっついていたいコですので、今に面倒くさいほどくっついてくると思います。

Mさま、最初は色々とご心配いただいたり、手がかかることがある思いますが、イリーちゃんのことをどうぞよろしくお願いいたします。

無事にお嫁入りしました ♡

今朝、無事にお嫁入りしました。
IMG_0201 T
(車のドアは全て閉まっています)
お名前は「イリー」になりました。 これまた素敵でお洒落なお名前でしょ?
いぬ親さんのお宅では、パパ、ママ、おにいちゃま、そしていつもは別にお住まいのおねえちゃま方が総出でイリーちゃんを迎えて下さいました。 イリーちゃん、びっくりです(笑) 
「イリーだけを見て、イリーだけにかまって。」なイリーちゃんの希望通り、みんなの視線がイリーちゃんに集中です。 イリーちゃんたら、あちこちから差し出されるおやつに困惑していました。 うれしい悲鳴だね~
IMG_0252 T
とても素敵な玄関ドアなのですが・・・バ~~~ン!と張って下さいました。
初めはビクビクしていたイリーちゃんですが、こうやって伏せをしたり

IMG_0238 T
お座りをしておやつをいただいたりしていました。
IMG_0248 T
応援して下さった皆様、フード等のご寄付をくださった皆様、怖がりイリーちゃんを優しく診てくださった動物病院の先生、同胞イリーちゃんをとても気にかけて、シートやおやつを沢山プレゼントしてくださったゆめちゃんのパパさんママさん、いつも助けて下さった「ちばわん」の皆様、皆様のお陰でイリーちゃんを無事にいぬ親さんの元にお届けすることができました。 本当に本当に、どうもありがとうございました。 

遅咲きのイリーちゃん、幸せに向かってスタートをきりました



メッセージ

名前
メール
本文
記事検索