まかないつき・ワンコ下宿日記

保護ワンコの預かり日記です

ハッピーと歴代ワンコの思い出

15年前の「現地」・ハッピーとの出会い

15年前の今日ハッピーと出会いました。 一目ぼれで、会った瞬間に「このコだ!」と思いました。
chibawan_a_87_3
ハッピーは、とある浜辺近くで数頭の犬の群れで暮らしていましたが、保健所が一斉捕獲に乗り出す直前にちばわんが保護を試み、相棒のマット君と一緒に保護していただいたと聞きました。
chibawan_a_88_1T
保護直後、マット君は「黒ちゃん」、ハッピーは「白ちゃん」と仮名で呼ばれていました。 「白ちゃん」の強烈などんよ~り顔(笑)を見て、「1日も早く笑顔になれるように、名前はハッピーにしよう」と思いました。 後から聞いた話ですが偶然にも、保護して下さった方も、現地でお世話をして下さった方も、名前は「ハッピー」がいいかなと思っておられたそうです。 3人が同時に「ハッピー」って・・・。 「白ちゃん」、君はどれだけ暗かったんだ?(笑)
chibawan_a_87_2
保護直後で当時「現地」と呼ばれていた屋外にいましたので身体が汚れていましたが、1週間後にうちに連れてきていただいた時には、フカフカ・ピカピカ、驚くくらい綺麗になっていて、ボランティアの方のハッピーを送り出す思いにとても感動して、何がなんでもハッピーを幸せにしなければ、と思ったのを今でも覚えています。
chibawan_a_88_3T
マット君も少ししてから預かりさんのお宅に移動、家族募集を開始しましたが、預かりさんのお引越しに合わせてそのおうちのコになって、誰もがうらやむような環境で幸せな日々を過ごしました。 そして数年前に「天国の様子を先に見てきてやるよ。 ちゃんと迎えにくるから待っていろよ。」とばかりに、ハッピーより少し早く旅立っていきました。
ハピ2006春(4) 050T
こちらはうちに来て2、3年たったころのハッピーです。 父のいい相棒になってくれて、ご近所でも有名なお散歩コンビでした。 駅前のコンビニ前で一緒に私の帰りを待っていてくれた光景が今でも目に浮かびます。
あれから15年かぁ・・・。 ハピちゃん、あの日君に会えて本当によかった。 「幸せにしたい」と思ったけれど、幸せにしてもらったのは私達家族だったね。 ハピちゃんは、これからもずっと、かけがえのない大切な家族。 今でも大好きでたまらないよ。

最初の頃の目つきの悪さ(笑)とビビリ~顔があまりにも可愛くて( ← えっ?)、こんなものまで作ってしまったのもいい思い出です。
Wanted T


春ちゃんママ、どうもありがとう ♡

昨日、春ちゃんのママさんからハッピーにお花とメッセージをいただきました。
「天国のハッピーちゃんもお花、見てくれてるかな? ハッピーちゃん、春は元気だよ~。」
IMG_2903T
とても綺麗なお花を、そしていつまでもハッピーのことを覚えていて下さって、どうもありがとうございます。  記念撮影(?)をした後にハッピーの遺骨の隣に供えさせていただきました。 沢山の綺麗なお花にハッピー、きっと照れていますよ
PB010416T
春ちゃんはご近所でも評判の絶世の色白美犬なのに、男性の好みがちょっと悪くて、いえいえ、ユニークでして、人間でいうと歳の差80位(笑)、若い時でも女のコに全くもてなかったハッピーになぜか猛アタック(笑)してくれました。 町内七不思議の一つです(すみません、勝手に決めました)。 両前足を上げて嬉しそうにピョンピョンと、跳ねながら駆け寄ってくる春ちゃんの姿が今でも目に浮かびます。 
PB242159 T
春ちゃん、素敵な思い出をどうもありがとうね   春ちゃんのおかげで、ハッピー爺さんは「若い美犬さんと両想い」というミラクルな晩年を過ごすことができましたよ。
4)T
こちらはつい最近の春ちゃんだそうです。 こんなに可愛いお嬢さんがハッピーの彼女だったのですよ~。 春ちゃん、これからも元気で美しく、パパ・ママと幸せに暮らしてね。

最後にまたママさんのお言葉を。 「ちなみにこの写真、笑顔で撮れてますが動物病院で狂犬病予防の注射と健診で採血などした後に撮ったものです。 病院が大嫌いで大暴れして、終わってホッとした時の顔なんです😅」 

病院で大暴れ・・・ぷぷぷ、春ちゃんたら   
それと・・・春ちゃんもライト君もピンクのお鼻でお揃いだ~

4月16日 ハッピー

明日4月16日はハッピーの命日です。 旅立ってから2年が過ぎました。
e1b52263-s[1]
写真は大好きだったおじいちゃんと。
命日が近くなって、最近はハッピーのことを日に何度も思い出すようになりました。
P1000680T
ハッピー、ハッピーは今までも、そしてこれからも特別だよ。  こちらでは超ビビリ~だったハッピー、そちらでは心穏やかに毎日を送れていますか。

ハッピーの夢

昨日の夜、ハッピーの夢をみました。

P1000042T
なぜかハッピーが他の預かりボランティアさんがやっているデイ・サービスに通っているという設定で、抱っこをしてその方に渡そうとしたところ、シャ~っと大量にしてしまって、ハッピーも私もまみれて慌てているという夢でした。 ハッピーはおトイレは完全お外派で、亡くなる数日前でも意識がはっきりするとお外でしたがって私を呼んだり、おトイレの失敗が全くと言っていいほどなかったのに、なぜそんな夢を? 
P1010056T
しかも、夢をたどってみると、晩年は18キロあったハッピーが、8キロのライト君サイズだったような・・・。 久しぶりに男のコのお世話をするようになって、何か心に思うところががあったのでしょうか。
ライト君も「やや」おトイレ優等生なのになぁ。
51274cd6-s[1]
こちらは2006年、うちに来て3年程でしょうか。 ハッピー、若い頃は精悍なお顔だったのですよ。

バロンの命日

12月10日、今日はハッピーの前のワンコ、バロンの命日です。
IMG_9326 T
25年位前の写真のコピーなので不鮮明ですが、デジカメがない時代で1枚1枚を大切に撮りました。 枚数が少ないせいか、とても貴重な1枚に思えます。 私、若い・・・
IMG_9328 T
バロンも保護犬(当時はそういう言葉はまだなかったと思います)でしたが、シェルティーではないかと言われていました。 父にべったりのワンコで、父もとても可愛がっていました。
IMG_9331 T
バロンの晩年は私は仕事と勉強が忙しくて、バロンのことは父に任せきりでした。 その為、バロンが旅立った後、後悔ばかりでペットロスになり、とても辛かったのを覚えています。
IMG_9332 T
バロンの写真を探していたところ、もっと古い(昭和47年とメモにありました)写真が出てきました。 私が子供の頃うちにいたチロです。 このコ、イリちゃんに良く似ている~。 茶色系の鼻黒ワンコにとても心惹かれる私のルーツはこのコだったんだ(笑) チロを拾ってきた父は他界しているので、今となっては出会ったときの詳細はわかりません。 父が元気なうちに聞いておけばよかったなぁ。

年を重ねると大切な人やワンコの命日が多くなりますね。

ハッピー、チロをよろしくね

昨日のお昼過ぎに、親類のワンコ、チロが虹の橋へと旅立ちました。
画像 004 T
寝ているうちに心臓が止まってしまったようで全く苦しまなかったそうです。 家族も気が付かないくらいの静かな旅立ちでした。
ここ数ヶ月は寝たきりでしたが、老犬とは思えないような見事な毛並みでフワフワの毛が輝いていました。 少し前にできた床ずれもほぼ治って、傷跡からは毛も生えてきたのに、直前までチーズを食べたがったのに、心臓が止まっちゃったね。 ・・・切ないね。
 
2005 春 015   T
推定18歳位、甥姪と一緒に育ちました。 幸せな18年間だったと思います。
IMG_0091 T
とってもいいコだったチロ、優しい時間をどうもありがとう。 また会おうね。
ハッピー、チロがそちらに行きましたよ。 先輩、よろしくね。

親類のワンコ・チロのお話

以前、親類のワンコ、チロのことを書かせていただきました。 当時はヨタヨタながらも支えてあげればお散歩ができましたが、その後、ほぼ寝たきりになってしまいました。 
IMG_7894
お水を飲むときに体を起こして支えてあげても、前足の先が「くねっ」と曲がって1分も立っていられなくなりました。 肩のあたりに床ずれができて、「もう治らないのでは」と心配しましたが、時間はかかっていますが、しっかりとカサブタになっていい感じになってきています。 
IMG_7889 T
食欲もあって、きちんといいウンがでます。 生きようとする力ってすごいですね。 「きっとチロは幸せなんだよね。 まだまだ家族と一緒にいたいんだよね。 だから生きていたいんだよね。」と弟の奥さんが話していました。 でも、毎晩の夜泣きが大変です。 奥さんは30分ずつの細切れでしか寝ることができない毎日を頑張っています。
IMG_7899 T
食欲はあるのですが、ドライ・フードや大き目のおやつは口の横からボロボロと口から落ちてしまって食べにくいようです。 でも流動食を作ってあげると、「それは、まだ違う~~。」と拒否するそうです(笑) お肉の塊が入っている缶詰が食べやすいみたいです。 そんなチロの為に塊になるような、やや硬めのカスタード・クリームを作りました。 カスタード・クリームが好きなワンコって多いので、食べてくれるといいなあ。 作るのはハッピーの食欲が落ちた時以来ですから、久しぶりです。 イリちゃんにも特別におすそ分け(笑) かなり美味しかったみたいで、イリちゃんの目の輝きがいつもと違っていました。 自家製だから、ワンコにも大丈夫なように材料を調節できるものね。 イリちゃんにもこれからは作ってあげるね。
IMG_7875 T
チロ、家族の皆もチロとまだまだ一緒にいたいと願っているよ。 皆、チロのためなら頑張れるから、もっともっと甘えて、思いっきり生き抜いててね。  

ハッピーの月命日

一昨日、16日はハッピーの月命日でした。
那須高原H19 7月 091 T
ハッピーが旅立って1年と4ヶ月 、不思議なことに、いまだに私の周りにいるような気がして、一緒に暮らしていたときとあまり変わっていない感じです。
P1000668 T
そんなわけで、普段は「会いたい!」とか、「寂しい・・・」とか、あまりないのです。 が・・・。
8月15日はハッピーの放浪時代のバティ、マットさんのお姉ちゃん、マリアさんの命日でした。  
ブログでマリアさんの画像を見た途端、テディさん、マリアさん、マットさんに元ちゃん、そしてハッピー、みんなが元気だった頃に、気持ちがタイムスリップしてしまって、急にハッピーが恋しくなってしまいました。  
P1000504 T
気配だけではなくて、実物に会いたいなぁ。 一瞬でいいから、みんながいるあの頃に戻って、みんなに会いたいなぁ。
IMG_6526
この季節は日もちしないので、お花もかわいそうですね。

「第3の男」チロ

古い画像を整理していましたら、とても懐かしい画像が沢山!
父とハッピー、親類の家のチロです。 「2005年 春」とありました。 12年前だぁ・・・。
2005 春 T
父もハッピーも今は天国です。 チロ爺さん、現在おん年18歳、頑張っています。
短時間ですが、1日2回、お散歩にも行きたがりますし、食欲も衰えません。

IMG_0607 T
18年前、弟と姪が生後数か月のワンコ3匹を保護しました。
1匹はご近所のお宅、もう一匹は私の友人宅にもらわれて行きました。 とても可愛がっていただいて、少し前に天寿を全うして、今は2頭とも天国にいます。
一番小さくて、弱かったチロが弟の家の愛犬になり、まだ小さかった甥姪と一緒に育ちました。 こちらの画像は若かりし頃の美犬チロです。
画像 006
とっても穏やかで控えめ、そして優しいチロ、まだまだ頑張ってね。 家族の皆はもちろん、おばちゃんもチロのことが大・大・大好きだよ~  

たくさんのお花に囲まれて

昨日、ハッピーの野犬時代の相棒マットさんのお母さんと、春ちゃんご一家にお花をいただきました。 たくさんの綺麗なお花に囲まれてハッピーも、嬉しそうに匂いをかぎまわっていると思います。 Sさん、マットのお母さん、春ちゃんとご家族の皆さま、どうもありがとうございました。

IMG_3606 トリミング
マットさんは、ハッピーが旅立つ約半年前に一足早く天国へと旅立ってしまいました。 日本、ドイツ、ノルウェーと世界をまたにかけてお引越しをしたマットさん、旅慣れたマットさんが天国の入り口で待っていてくれたから、ハッピーも安心だったと思います。 なにしろハッピーは天下一品のビビリ~だったからねぇ。 マットさん、これからもハッピーをよろしくお願いしますね。


春ちゃんはピチピチのお嬢さん。 いただいたビビッドカラーのお花は春ちゃんそのものです。 ハッピーと相思相愛で、とっても可愛いワンコさんです。 お散歩でハッピーに会うと前両足を上げてピョンピョン、とっても嬉しそうに2本脚走行で駆け寄ってきてくれました。 ハッピーもニコニコだったよね。 年の差13歳位(人間でいうと7、80歳の差?)、これはもう犯罪ですね(笑) ハッピー、昨日は春ちゃんが会いに来てくれてうれしかったね。 

イリーナにも春ちゃんに会ってほしかったのですが、玄関で春ちゃんの姿を見ただけで、失礼にも慌てて階段を駆けあがって逃げてしまいました 
春ちゃんママさん曰く、「春は若い女の子には厳しいから。」   

IMG_3567
画像はいぬ親会でのイリーナです。 いぬ親会での様子は明日アップいたしますね。

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索